悪いことはできないものです。普段と様子が違えば浮気もばれてしまいます。

結婚10年、妻を女性として意識することがメッキリ少なくなってしまっています。普段の生活にも刺激がなく単調な毎日を送っていたところ、会社に可愛い事務員さんが中途採用されました。

彼女の席は私の隣で何かと私に頼ってきます。日を追う毎に私の頭の中には、彼女とデートをする妄想がドンドン膨らんできます。現実にはほど遠い妄想と思って楽しんでいましたが、その妄想が現実になり彼女と一線を越える仲になりました。

会社に行くのが楽しみで仕方がない私、妻のことは益々上の空、結婚記念日も頭の中にはありません。毎年、結婚記念日はレストランに予約を入れてお祝いをしてきましたが、ウッカリレストランに予約を入れることさえ思い出さず結婚記念日は過ぎてしまいました。

そんな私の様子がおかしいと思った妻は、私に「鎌」を掛けたのです。「一緒にいた女性は誰?」と聞かれ咄嗟に「ゴメン、魔が差した」と白状してしまった私に「浮気をしてるの?」と妻は聞き返しました。翌々話を聞いてみれば「様子が最近おかしいから、チョット、聞いてみた」との妻の言葉に愕然としてしまいました。しかし、浮気をしたのは確かです。

悪いことはできないと心の底から妻に謝って、結婚式で誓った言葉をもう一度妻に囁きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です